白色発光ダイオードを中波AM放送のエネルギーのみで点灯させる実験

無電源ラジオフープラを使うと、AM電波(NHK福井ラジオ第1放送 927kHz JOFG 5kw)により発光ダイオードが点灯します。エナジーハーベスティングに関する実験です。

点灯させた場所は福井大学文京キャンパス、JOFG下馬送信所から5Kmの地点です。

電磁波の磁界成分を利用するのでアンテナには指向性があります。より明るく点く方向を探して、フープラを回転させたり移動させたりしています。この一番明るく点く時のフープラのアンテナの方向から送信所の方向がわかります。暗闇で実験しているので、懐中電灯を当てたりしています。

たった一つの発光ダイオードの光ですが、暗闇の中では、災害時には『希望の光』として、手元を確認したりすることが出来ます(実証済み)。

白色発光ダイオードをAM電波のエネルギーのみで点灯させる実験 – 無電源ラジオ TAKE1

白色発光ダイオードを中波AM放送のエネルギーのみで点灯させる実験 – 無電源ラジオTAKE2

—-
先端マテリアル創造ものづくり研究室
http://monozukuri.his.u-fukui.ac.jp/monozukurilab/

The following two tabs change content below.

ENEHARVESTING

MONOZUKURI LABによるエネルギーハーベスティングに関する話題や試作品について限定し、ネット上で開示できる内容のみを発信しています。
error: Alert: Content is protected !!